ウィーン聖シュテファン司教座聖堂
   
  シュテファン大聖堂
  司教座聖堂の管理
  司教座聖堂参事会
  大聖堂の建設
  協会
  開館時間
  DOMSHOP
  礼拝式
  通常の典礼
  祈祷
  告解と談話
  祈り
  ガイドツアー
  カテドラル音楽
  ゲストコーラス
  コンサートと催し物
  大聖堂の保管記録
  お問い合わせ
  刊記


 
 
 
Official sponsorship partner

www.smasung.at


シュテファン大聖堂

その歴史について

ウィーンのシュテファン大聖堂は数々の賞賛の言葉で言い表すことができます…








シュテファン大聖堂は魂を揺り動かす教会であり、

世界中を探しても比較できるものがないほどの

世界的な文化遺産であり、建築物である

シュテファン大聖堂はオーストリアの象徴であり、

オーストリアのアイデンティティを体現するシンボルである

シュテファン大聖堂は観光客を魅了してやまない


ウィーンのシュテファン大聖堂は、その文化的位置付けのみらず、教会としても貴重な存在
:
平日には7回、日曜日には10回行われる典礼。特に最も聖なる日 (復活祭、聖霊降臨祭、クリスマスなど) には、きらびやかに飾り付けられたシュテファン大聖堂教会に多くの礼拝者が訪れます。
一般の関心を引く典礼 (結婚式や著名な人物の葬式など) はテレビ中継されることもしばしばあります。このような特別な機会や最も聖なる日にはプンメリン (大鐘) の鐘が鳴らされ、感謝の祭儀の始まりを告げます。

文化遺産である建築物“シュテファン大聖堂 
シュテファン大聖堂は、多数の書籍・絵本や研究材料などで取り上げられています。
この大聖堂の独自性と建物を構成する無数のディテールによって、美術史の面からも建築構造的にも非常に貴重な存在になっています。
祭壇、扉、塔、支柱の造形、絵画といったディテールは、それぞれの目的や背景、歴史を色濃く伝えています。

第二次世界大戦末期の火災で深刻な被害を受けたシュテファン大聖堂。破壊された大聖堂は瓦礫と灰と化しました。しかし努力の甲斐あって、たった7年で大聖堂の全部分を再建することができました。
オーストリアの象徴であり、アイデンティティのシンボルが死の淵からよみがえったのです。

この文化遺産を次世代に継承し、荒廃を防ぐためには、今後も慎重にシュテファン大聖堂の改修を行うことが必要です。

1年間に訪れる観光客は約300万人
観光名所のトップに挙げられるシュテファン大聖堂:
建物の内部や周囲には、多くの見所や興味を引く事物があります。このシュテファン大聖堂に登ることもできます (南の塔や塔内部の部屋)。また、エレベーターを使ってプンメリン (大鐘) へ上がったり (北の塔)、地下墓地に下りることも可能です。ガイドツアーで大聖堂の詳しい案内を提供しています。 

出典: 教区公文書保管人アンネマリー・フェンツル博士